ニキビ潰しの癖を今すぐストップ!

ニキビを潰すのはNG

ニキビは絶対潰さない方がいいと言うのは定説ですが、にょきっと顔を出している芯を見るとつい潰したくなりますよね。

それなりの道具や技術があれば、芯出しと言うのは適切かつすばやい治療法となるのですが、素人がやると大抵赤くなり、しばらく跡のように残ってしまいます。

初期の白ニキビだとうまく芯だけ取れることもありますが、周りの皮膚は大きなダメージを受けています。

失敗すると血が出てきて、膿でさらに毛穴が塞がれて治りが遅くなる、なんて事も。

潰さないまでも手で触れるのもできるだけ避けた方が良いです。

ただでさえ手は雑菌だらけな上、不要な圧力がかかってしまうのでニキビに良いわけがなく、悪化するだけです。

まずはできないように予防、できてしまったらニキビ用コスメでケアをし、必要以上に触らないというのが基本です。

今は様々なスキンケア商品も出ていますが、なかなか自分に合う物を見つけなれない方は皮膚科での治療も視野に入れてもいいと思います。

多くの皮膚科でドクターズコスメが売られているので試してみてはいかがでしょうか。

ニキビは自然放置すると、どんどん数が増えたり大きくなってしまうことも。

赤く炎症を起こしている状態になると、跡になってしまうこともあるので適切なケアを早くすることが大切です。

同時に、ジュースやお菓子などは控え、なるべくお野菜をしっかり摂取してみたり、適度な運動をして新陳代謝を高める、お肌に良いホルモンが分泌されると言われている22時から2時までの間に睡眠をとる、なども試してみましょう。